作陶展

2002 栃木県益子町ギャラリーもえぎにてグループ展
2003 茨城県笠間きらら館にて「秋 彩盛展」出品
2005 宮城県仙台市ギャラリーにっそくにて工芸展出品
2005 岩手県一関市「黄金の国陶芸展」出展(以後毎年出展)

2006 宮城県登米市登米町 文化施設「武家屋敷春蘭亭」にて個展(以後毎年開催)
河北新報掲載記事より

2007 さくら野石巻「石巻工芸展」出展

2008 宮城県仙台市 晩翠画廊にて個展
河北新報掲載記事より

2008 新潟三越にて「二人展」

2008 青森県「日本の匠伝統工芸展」出展
2009 「晩翠画廊」おもてなしの器展 出展

雄勝硯伝統産業会館「鈴木由香作陶展」開催

宮城県栗原市風の沢ギャラリー「お茶っこ展」「酒の器展」出品
藤田喬平松島ガラスミュージアム「湯呑THEみやぎ県」出品

2010 栃木県益子町「陶IZM」出品     

「C-POINT 2010 in AJIGASAWA」出展
 藤崎本館6階 美術工芸サロンにて「みやぎ陶芸作家九人展」出展

2011年3月熊谷由香作陶展「生活の中の器 展」開催
会場 仙台市 ギャラリーくろすろーど

2012年1月フランス パリで開催される欧州屈指のインテリア見本市
'MAISON ET OBJET メゾン・エ・オブジェ'に出展。

リビングで気軽にティータイム会場  三越日本橋本店7F特設会場
    ~47都道府県の抹茶碗・椀展

決まりごとに縛られずに気軽にお抹茶をいただける。またもてなす。 しいていえばリビングで気軽にティータイムとして珈琲や紅茶の様に頂く感じで抵抗なくお茶にかかわりお茶の世界の広がりと日本の伝統文化の底辺の拡大にも繋がる企画として提案。

[1000の豆皿]展season-Ⅱ
2回目の「1000の豆皿展」開催です。全国から100名近い作家や窯元が参加して豆皿が揃いました。(文章はDMより抜粋)
会場 伊勢丹新宿店本館5階
※ちなみに私の作品がDMに掲載されています。右側下から二番目。

たち吉×陶ISM「つながる手仕事、つなぐ器」展@藤崎produced by
陶ISM 場所:藤崎大町館二階=食器売場内特設会場
佐々木康弘、Kei condo、佐藤志保、今井梨絵、熊谷由香、川崎萌

第21回河北工芸展
第21回河北工芸展(河北新報社、河北文化事業団、宮城県文化振興財団主催、特別協賛JAL)が19日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで開幕

2013 春よ来い!幸せのおうちごはんのうつわ展
<出品作家>
浅野治志 井上直美  加藤晋 河田勉成 熊谷由香 栗谷昌克 菊田佳代 斎藤恵理子 斉藤乾一 
佐藤建夫 ジェームス・オペ 島見美由紀  中山晴代馬場興彦 樋田隆 村山耕二 大和知子

スイスのリートベルク美術館のミュージアムショップに作品を販売していただける事になりました。御報告までに。


石巻日日新聞さんにりばあす陶房陶芸教室内容を掲載していただきました。詳しくは 石巻日日新聞HP へ


2016年11月15日~泉セルバにておかしマルシェ出展。
詳しくは 泉セルバHP にて


みやぎ村田町「蔵の陶器市」2016


伊勢丹新宿店「豆豆碗碗展」                              
伊勢丹新宿店は本年130周年!それに伴い5階和食器で130人の作家さんの飯碗等の碗と豆小皿を集めて「豆豆碗碗展」を開催。


「暮らしに寄り添ううつわたちうつわマルシェ」泉セルバ2階センターコート今、注目の宮城の陶芸作家たちの作品が期間限定で登場


第5回全国やきものフェアinみやぎ
全国主要な産地の窯元・個人作家が集い、展示、販売を行う
やきものフェアINみやぎHPへ

りばあす陶房内陶芸展を開催いたします。父の日にちなんだお酒の器、初夏を彩る器を展示販売予定でいます。陶房内の展示会ですので実際に使用出来る器もありますので是非お越しください。
りばあす陶房  石巻市桃生町高須賀内畑62
石巻、東松島、女川の魅力発掘プログラム「石巻に恋しちゃった」に参加します。
今回でこのイベントは第8回目。私は3回目の参加になります。
両日とも満員御礼!ありがとうございます!!
以前の教室内容などはブログページを参考にしてください。

47都道府県のものづくり展出展